育毛剤 女性 症状 合ったもの

MENU

女性用の育毛剤は症状に合ったものを選ぶこと!

まず育毛剤を使う際に、第一に気を付けなければならないのが選び方です。育毛剤は症状に合ったものを選ばないと、かえって症状を悪化させてしまうリスクもある、デリケートなものなのです。ご自身の薄毛や抜け毛の原因、状態をよく把握して、ピッタリな女性用の育毛剤を見つけましょう。

 

女性用にこだわって!

育毛剤というと、男性向けの商品が多い印象がありますね。基本的には薄毛悩みは男性のもの、というイメージがありましたので、女性の薄毛悩みが取りざたされるようになった今の時代でも、やはり男性用のものが主流となっています。そのため、選択肢も多く手軽に購入できるということから、男性向けを選んでしまう女性も少なくありません。

 

ですが、以下の理由から、これはおすすめできない方法なのです。

  • 男性と女性では薄毛の原因も進行の仕方も違う
  • 男性に効果的な成分が女性にも効くとは限らない
  • 女性に副作用を起こす危険性が高い成分を配合するものもある
  • 刺激の強いものが多い

中には女性も使用可能としている育毛剤もありますが、どうせなら「女性専用」というものを選んだ方が、安心して使っていくことができますね。

原因や症状に合っている?

ランキングでも上位の人気の女性用育毛剤なら、公式サイトに、配合されている成分と説明が詳しく記載されています。そういった部分まで熟読して、自分自身の症状や原因に合ったものかどうかを判断しておきましょう。

 

例えば有効成分ですが、薄毛悩みに効果的と言われる成分にも色々な種類があります。頭皮の炎症を抑えるもの、血行を促進するものなど、それぞれの特性を理解して選ぶことが大切ですね。

 

それから、多くの育毛剤が天然由来の独自の成分を配合していたりします。ミツイシコンブやエビネ蘭などが有名なものですよね。これらの特徴もよく比較していくことで、自分の頭皮環境を改善するために役立つ育毛剤がどれなのか、徐々に見えてくるでしょう。「人気があれば何でも良い」というのではなく、じっくり詳細な情報を比較しながら、合ったものを選ぶということが最重要課題になります。

優しさも重要です!

女性用育毛剤は、ランキング上位のものなら大半が無添加処方となっていますよね。これは、余計な添加物が配合されてしまうことで、頭皮環境を改善するどころか、逆に負担をかけてしまう恐れがあるからです。

 

特に女性の場合、頭皮が乾燥してデリケートな状態になっている人も多いので、こういった「優しさへのこだわり」が重要になってきます。

  • パラベン
  • 鉱物油
  • 香料
  • 着色料
  • 石油系界面活性剤

こういった負担をかける恐れがあると言われる成分を徹底排除したものを選ぶことが大切ですね。

 

また人工的な化学成分に関しては、高い効果が期待できるものもありますが、同時にリスクを抱えていることも多いものです。低リスクでじっくり働きかけていけるものを選んだ方が、長い目で見るとメリットが大きいと言えるでしょう。

関連ページ

毎日コツコツ使うこと!
女性用育毛剤は、一気に髪が生えてくる薬のようなものではありませんので、じっくりコツコツ、という使い方をしていくことが重要になります。大量に、頻繁に使用しても効果が高まるわけではないので、気を付けましょう。
保管方法にも注意!
女性用育毛剤の多くは、無添加処方となっていますね。無添加ということは傷みやすいということでもある、と考えた方が良いでしょう。せっかく品質の良い育毛剤を選んでも、傷んでしまったものを使用すると悪影響になってしまいますので、保管にも気を付けましょう。
自己判断での併用に注意!
顔に使う化粧品の場合、自分のお好みで色々なアイテムを重ねて使っている方も多いですよね。違うメーカーのものを組み合わせて使うような方も大勢いらっしゃいます。ですが、育毛剤に関してはこういった自己判断での併用は避けるようにしましょう。